REFORM

雨漏りのリフォーム

シンプルな部屋

私は築30年くらいの2階建ての一軒家に住んでいます。ある日、家族が1階の一室の壁の上の部分が水で湿っているのを発見したのです。どうやら、雨漏りのようです。天井には染みている所はなかったです。下にも落ちてきた跡はありません。
特にひどい感じと思わなかったのですが、少し不安になったので点検をお願いしました。雨漏りの点検はかなりアナログです。屋根にホースで雨を降らし、水が漏れるのを見極めるのです。結果は残念ながら「水が漏れている」という報告と受け、修理をお願いする事にしました。怪しい所は1階の屋根に付いているベランダ付近です。もちろん、ベランダを外すのですが、あまり使っていないという事で永久に外す事が決定しました。外して調べてみると、どうやら屋根とベランダの接続部分が劣化して、雨漏りの原因を作っているようでした。屋根と部屋の間の隙間は大変な事にはなっていないようです。
家の屋根は瓦なので、怪しい所を1枚1枚はがしての作業になります。作業は職人1人で黙々と働きます。当時は真夏の時期で炎天下の中、とても大変そうでした。そうして、2日間くらいであっさりと終了です。もう1度、屋根に雨を降らして再度確認です。雨漏りはなく無事終了しました。

PICK UP

フローリングをリフォームする場合について

白い部屋

長年住んでいる家はだんだん劣化してくるものです。 特に、毎日家族が歩いたり、重い家具が乗っかるフローリングは本当に痛みます。 キズ…

もっと読む

雨漏りのリフォーム

シンプルな部屋

私は築30年くらいの2階建ての一軒家に住んでいます。ある日、家族が1階の一室の壁の上の部分が水で湿っているのを発見したのです。どう…

もっと読む

追加で費用がかかる事が多いです

キッチン

水を使う機会が多いのがキッチンになります。見積もりをしてもらうとそれ以上費用がかからないだろうと安心をしてしまう方もいますが、工事…

もっと読む

リフォームはやっぱり水回り

キレイな部屋

家の中でリフォームをしたくなる場所はやっぱり水回りが多く浴室やトイレ、キッチンです。水回り周辺の機械関係は年々便利に進化を遂げてい…

もっと読む

双葉のライン